いつ来ても誰もが楽しめる。お一人様でも気軽にテニスがプレーできるアップルテニスクラブ

テーマ別 ボレー

姿勢・脱力で伸びのあるボールが打てる

volley2

上体を起こしてボールを待つ

伸びのあるボールを打つためには上体をできるだけ起こし姿勢良く打ちにいきます。姿勢を起こすことで動き出しのスピードが速くなり届かなかったボールが届いたり今まで以上に伸びのあるボールを打つきっかけになります。

できるだけ力を抜いてボールを打つ

ボールを打つときに力を入れるという表現がありますが、力を入れすぎてしまうとラケットは前へ進む力が弱まりパワーを落としてしまいます。打つときには、[ゆで卵」を握るように優しく握って下さい。このイメージと気持ちで伸びのあるボールを打つことができます。
volley1s

レッスン内容

投球・送球・ラリー練習にてボレーで重要とする身体の使い方やフットワークの使い方、またゲームでも応用できるボールの入り方やポジショニングまで指導します。一人一人の動作をコーチが確認し個々に合ったアドバイスがあり皆さんの疑問に必ずお応えします。

アドバイス

ボレーでネットミスをよくしてしまいます。何か修正方法はありますか??
ネットミスの主な原因は、「前傾姿勢」にあります。姿勢が前方に倒れると重心は下に向く=ラケットフェイス(面)が下に向くということがあげられます。できるだか直立姿勢をイメージしてプレーしてみましょう。
ボールにうまく力を伝えることができません。どのようにしたらボールパワーをうまく伝えることができますか??
ボール捉えるときの目線はどこにありますか??スポーツは目線がある方向にパワーが伝わるという言葉があります。ボールよりもさきにコートに入った入らないの結果をみていませんか??打つ瞬間ぎりぎりまでボールを見るということをイメージしてみましょう。
ローボレーやハーフボレーのような低い打点での対応がわかりません。低い打点ではどのような意識をしていますか??
まず低い打点にボールがきたら目線の高さは変えずにラケットのセットを低い打点に合わしていきます。低い姿勢を先にとると脚を動かしずらくなるので注意してください。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 048-853-0033 OPEN:平日9:00~18:00 土日祝9:00~18:00
CLOSE:月曜日(祝日の場合は営業しています)

PAGETOP